溶融塩委員会 定例委員会

第199回溶融塩委員会

実行委員長

宇井 幸一 委員 (岩手大学)

開催日時および場所

日時:平成31年4月18日(木)~19(金)

場所:花巻温泉 ホテル紅葉館 会議室 


詳細はこちら(pdfファイル)

4月18日(木) 17:30 ~ 19:00 役員会(役員の方のみ)


4月18日(木) 19:00~:意見交換会


4月19日(金) 10:00~15:00:講演会

時間 講演者 講演タイトル

10:00-11:00

金久保光央 氏
(産業技術総合研究所東北センター)

イオン液体を用いた反応分離プロセスの開発

11:00-12:00

関本英弘 委員
(岩手大学理工学部)

固体電解質を用いた起電力法による高温溶融塩の熱力学量の測定

12:00-13:00

休 憩

13:10-14:00

上田幹人 委員
(北海道大学大学院工学研究科)

NaTf2N-TEATf2Nイオン液体を用いた高純度ナトリウムの製造

14:10-15:00

錦織徳二郎 委員
(アイ'エムセップ株式会社)

溶融塩系での常圧アンモニア電解合成技術の開発


参加費

参加費:無料

意見交換会費:無料(ただし現地にて宿泊のご予定のない方は有料につき、お問い合わせ下さい)

宿泊費:13,500 円(18 日夕食・19 日朝食込・税込)

昼食費:1,000 円(19 日・税込。開催ホテルの都合により、昼食のご利用はこれに限定されますの で講演会にご参加の方は出来る限り、お申し込み下さい)


参加申し込み

準備・宿泊予約 の都合上、2月28日(木)までに 事務局の電子メール mscj@electrochem.jp までご出欠(役員会{役員の方 のみ}、委員会、懇親会)と ご宿泊の予定についてご返答を賜りたく存じます。
また、できましたら欠席の方もお知らせ頂けますようよろしくお願い致します。