公益社団法人電気化学会溶融塩委員会規約

第1条 (名称) 本会は「溶融塩委員会」(英文名 Molten Salt Committee。略称MSC)と称する。
第2条 (性格・目的) 本会は溶融塩および高温化学に関心のあるものの集まりで、相互の知識を交流し、当該科学・技術領域の進歩・向上に資することを目的とする。
第3条 (事業) 本会は、その目的を達成するために次の事業を行う。
1. 研究会(研究報告と討論等を含む)
2. 文献紹介ならびに資料の配布
3. 講演会およびその他の集会
4. 見学会
5. 溶融塩賞・溶融塩奨励賞の授賞
6. その他、本会の発展に役立つと思われる諸事業
第4条 (会員) 本会の会員は個人会員(大学官公立研究機関等の研究者)と法人会員より成り、後者は原則として各事業所単位とする。
第5条 (委員) 法人会員は事業所ごとに委員1名を選出し本会事業に参画するものとする。なお、これらの事業には、委員は委員外の関係者とともに出席することができる。
第6条 (名誉委員) 本会に特に功績のあった委員を名誉委員にすることができる。
第7条 (会費) 会員は次に定める入会金および会費(年額)を納付するものとする。ただし、分納もできる。
法人会員
入会金 20,000円
会費 45,000円
(ただし1法人で2事業所以上入会している場合は 30,000円)
個人会員
入会金 2,000円
会費 6,000円
会計年度は1月1日より12月31日とする。
なお、委員会に関する書類(通知、会誌「溶融塩および高温化学」その他の印刷物)、法人会員に対しては事業所ごとに3部宛、個人会員に対しては1部宛配布する。
第8条 (基金) 本会の事業の円滑な運営を図るために、別途定める基金に関する規則に基づいた基金を設置することができる。
第9条 (役員) 本会には次の役員をおく。
委員長 1名
副委員長 1-4名
監事 若干名
編集委員長 1名
副編集委員長 0-2名
国際交流委員長 1名
企画編集委員 若干名
幹事 若干名
第10条 (顧問) 本会には次の役員をおくことができる。
顧問 若干名
第11条 (事務局) 本会には事務局長をおく。
第12条 (任期) 役員および事務局長の任期は、原則として選任の日から2年間とするが、再任を妨げない。
第13条 (変更) 本規約の変更は、役員会の議を経て委員総会の議決を得たのち、本部理事会の承認を得るものとする。
附則   本規約は、平成9年2月4日より施行する。
平成18年2月3日一部改正
平成20年1月29日一部改正
平成26年4月14日一部改正