平成24年度「溶融塩賞」受賞候補者の推薦のお願い

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は、溶融塩委員会の活動にご協力、ご高配を賜りまして誠に有難うございます。本委員会も皆様のご尽力のお蔭で、着実な発展を遂げようと致しております。

さて、昭和61年度より当委員会により設置されました「溶融塩賞」の候補者は、近々に選考委員会におきましてその選考作業に入ります。つきましては委員各位に広く候補者のご推挙をお願い致したく存じます。特に、平成17年度以降は産業界からの受賞者はございません。原則として1名または学界・産業界から各1名を選考することができます。8月31日必着として事務局宛に文書にてご推挙いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。なお、詳細につきましては当委員会のホームページhttp://msc.electrochem.jp/prize.files/prize_rule.htmlの「溶融塩賞規程」をご覧下さい。

受賞対象について

 化学、冶金、窯業など主に高温を取り扱う分野全般を対象とし、電気 化学会誌、大会、溶融塩委員会、溶融塩化学討論会およびこれに準ずる 会にて発表された研究および研究者を対象とする。

件数について

原則として毎年1〜2件とする。

候補者の推薦期限について

平成24年8月31日(金)必着

推薦書の形式

任意(候補者の連絡先、略歴、推薦の対象となる業績に対する説明と推薦文、最近の業績のリスト・論文別刷など)

推薦状の送付先

〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33 工学部1号棟207
千葉大学大学院工学研究科 共生応用化学専攻 岩舘研究室内
溶融塩委員会事務局 大窪 貴洋