溶融塩化学講習会

第49回溶融塩化学講習会「参照電極と電気化学測定」(オンライン講習会)


主 催: (社)電気化学会溶融塩委員会
協 賛: 電気化学会関西支部・電池技術委員会・電解技術委員会・イオン液体研究会・日本化学会・日本熱物性学会・日本鉄鋼協会・大阪科学技術センター・応用物理学会・ 近畿化学協会・日本原子力学会(順不同)

電極電位は電気化学反応を正確に理解する上で重要な情報を与える指標の 1つであり,その基準となる参照電極は測定において重要な役割を担っています.しかしながら濃厚系・非水系とりわけ溶融塩・イオン液体における参照電極は初学者・新規に研究を始められる方にとって難しいことが多く,電極に何を使えば良いのか,また,どのように組み立て,扱えばよいか,多くの疑問点があるものと思われます. 本講習会では溶融塩委員会の定例委員会の場を借りて,初学者にもわかりやすい参照電極に関する解 説を行います.溶融塩・イオン液体を用いた多くの実験経験を持つ先生方にさまざまな視点から議論を深めていただくとともに,参照電極にまつわる新しい話題もご提供いただきます.実験実習においては 動画配信による実験方法の解説を含めたプログラムを構成させていただきました.溶融塩・イオン液体の研究者だけでなく,参照電極とは何か,測定においてどのように扱うべきかを知りたいと思われる方には是非御参加いただきますよう,お誘い申し上げます.

日時および実施内容(Zoom によるリアルタイム講演および動画配信)

・講演会(第203回溶融塩委員会定例委員会と併催)12月2日(水)(リアルタイム)
・実験実習オンデマンド教材の配信 : 12 月 3・7・8 日(木・月・火) (予定)
・パネルディスカッション・質疑応答 : 12 月 9 日(水) 16:00~17:00 (リアルタイム)

リアルタイム講演プログラム(第203回溶融塩委員会定例委員会と併催)

日時:12月2日(水)10:50 - 17:00   講演要旨が記載されたパンフレットは こちらをクリック
   ※12月3日(木)に講演の動画配信を行います。
時間 講演者 講演内容
10:50-
11:00
水畑 穣 委員長(神戸大) 開催挨拶
11:00-
12:00
邑瀬邦明 委員
(京都大)
講演1:
「溶液系電気化学における参照電極概論」
13:00-
14:00
片山 靖 委員
(東慶應義塾大)
講演2:
「イオン液体における参照電極」
14:10-
15:10
上田幹人 委員
(北大)
講演3:
「アルミニウム電解用の高温溶融塩における参照電極」
15:20-
16:20
垣内 隆,山本雅博 (pH 計測科学ラボラトリー, 甲南大理工)
講演4:
「イオン液体塩橋付き参照電極の特徴といくつかの応用」
16:30-
17:00
野平俊之 委員
(京大)
山本貴之 委員
(京大)
法川勇太郎 委員
(京大)
実験説明:
「溶融塩およびイオン液体中での電気化学測定における参照電極の取り扱い(実験講習の前に)」

講習会スケジュール

月日 12月2日   12月3日   12月7日 12月8日   12月9日
曜日      
    9:30-
10:30
講演1          
10:50 開会の辞 10:30-
11:00
実験説明 10:00-
10:30
実験説明 実験説明    
11:00-
12:00
講演1 11:00-
12:00
実験動画 10:30-
12:00
実験動画 実験動画    
12:00-
13:00
休憩              
13:00-
14:00
講演2 13:00-
14:00
講演2 13:00-
13:30
実験説明 実験説明    
14:10-
15:10
講演314:00-
15:00
講演3 13:30-
15:00
実験動画 実験動画    
15:20-
16:20
講演4 15:00-
16:00
講演4 15:00-
15:30
実験説明 実験説明    
16:30-
17:00
実験動画 16:00-
17:00
実験動画 15:30-
17:00
実験動画 実験動画 16:00-
17:00
パネルディス
カッション
質疑応答

※ 12月2日の講演はZoomによるリアルタイム配信で、第203回定例委員会との併催となります。
※ 配信はZoomを利用して対象者のみに配信しますので動画ファイルのダウンロードや録画はできません。
※ 12月3~8日の講演・実験説明・実験の各動画の視聴および12月9日のパネルディスカッション・質疑応答(リアルタイム開催)への参加は講習会参加者のみを対象とします。(委員会委員も参加申込が必要です。)配信はZoomを利用し対象者のみに配信しますので、動画ファイルのダウンロードや録画はできません。
※実験動画は現在作成中であり、編集内容により配信時間を変更することがあります。11月末までにはご案内できる見込みですので、視聴時にお確かめください。

参加費(いずれも税込)

電気化学会・協賛学会・委員会員 24,000円(うちテキスト代 4,000円)
非会員       34,000円(うちテキスト代 4,000円)
学生 (大会学生会員を除く電気化学会学生会員・協賛学会学生会員)
          10,000円(うちテキスト代 4,000円)
学生非会員     15,000円(うちテキスト代 4,000円)
※溶融塩委員会会員は併催の定例委員会としてご案内申し上げます。

講習会テキスト

溶融塩委員会誌「溶融塩および高温化学」Vol.88, No.3(オンライン版)を講習会テキストとして発刊し, PDF 配信とさせていただきます.事前にダウンロードしていただきますので,お早めにお申し込み下さい.

参加申し込み方法

申込フォームからお申し込みいただくか、
E-mail・FAXにより下記の内容を溶融塩委員会事務局までご連絡のうえお申し込みください。
1. 参加者氏名
2. 所属
3. 連絡先(郵便番号, 住所, TEL, FAX, E-mailアドレス)
4. 会員資格(溶融塩委員会委員/協賛学会・委員/一般会員/学生会員/学生非会員)
5. 会費支払予定日

参加申込締切: 2020年11月30日(月)

参加費振込先

銀 行 名 三井住友銀行
支 店 名 六甲支店
口座番号 普通 4232819
口座名  :溶融塩委員会基金事務局長 松本一
     (ヨウユウエンイインカイキキンジムキョクチョウ マツモトハジメ)

申込・問合先

〒563-8577 大阪府池田市緑丘1丁目8-31
国立研究開発法人産業技術総合研究所関西センター
電池技術研究部門内 溶融塩委員会事務局
松本 一
TEL:072-751-9426, FAX:072-751-8564
E-mail: mscj_at_electrochem.jp(メールにてお申し込みの場合は"[at]"を"@"に変換してご連絡下さい)

これまでの溶融塩講習会

開催年 名称 場所
2019年 千葉 第48回溶融塩化学講習会
2017年 仙台 第47回溶融塩化学講習会
2016年 東京 第46回溶融塩化学講習会
2015年 東京 第45回溶融塩化学講習会
2014年 京都 第44回溶融塩化学講習会
2012年 横浜 第43回溶融塩化学講習会
2011年 京都 第42回溶融塩化学講習会
2010年 東京 第41回溶融塩化学講習会
2009年 吹田 第40回溶融塩化学講習会
2008年 東京 第39回溶融塩化学講習会
2007年 神戸 第38回溶融塩化学講習会
2006年 横浜 第37回溶融塩化学講習会
2005年 東京 第36回溶融塩化学講習会