溶融塩および高温化学

会誌「溶融塩」は創立以来年に4号発行され、当初は定例委員会の研究報告、特別講演の内容などのほかに文献紹介、抄録なども掲載されていました。会誌は定例委員会の資料として発刊され ていましたが、一般学術雑誌の研究報告、総説などの参考文献として引用されてきています。なお、文献紹介および抄録は昭和53年発行の第21巻から掲載を中止し、それ以来、 年3回の定例委員会の研究発表の内容および委員会記を掲載しています。
 会誌の名称についても海外との交流が盛んになるとともに、第24巻(昭和56年)から「溶融塩 MOLTEN SALT」、第31巻(昭和63年)から「溶融塩 MOLTEN SALTS」としました。また、研究内容が時代とともに広範囲に及ぶようになり、多くの議論を経て、第32巻(平成元年)から「溶融塩および高温化学 MOLTEN SALTS」と名称を変更しました。第47巻(平成16年)から会誌の表紙の装いも新たにして、従来のB5版からA4版にし 、2019年に電子版による公開を開始し、現在に至っています。

「溶融塩および電気化学」閲覧

IDおよびパスワード申請(委員・定期購読者向け)
各号PDF講読購入申込書 (各号毎に4,000円(税込)にてPDFファイルをメール等により送付いたします)
冊子体バックナンバー販売は終了しました。記事ごとのコピーの入手については国会図書館JST技術資料館での閲覧または国会図書館「調査・研究支援オンラインサービス」をご利用下さい。 あわせて「溶融塩委員会発行物の既刊分に関する公開・著作権取扱について」をご覧下さい。

「溶融塩および電気化学」執筆要領

執筆要領(日本語)
Instruction for Authors for Molten Salts (English)

著作権・二次利用(転載)関連情報

溶融塩委員会発行物の既刊分に関する公開・著作権取扱について
委員会出版物の転載・二次利用に関する取扱と申請について
溶融塩委員会が著作権を保有する発行物の複写等の利用の関する補償について
転載・二次利用許可申請書(Word) / (PDF)