溶融塩および高温化学

会誌「溶融塩」は創立以来年に4号発行され、当初は定例委員会の研究報告、特別講演の内容などのほかに文献紹介、抄録なども掲載されていました。会誌は定例委員会の資料として発刊されたが、一般学術雑誌の研究報告、総説などの参考文献として引用されてきています。現在、第45巻まで発行してきています。なお、文献紹介および抄録は昭和53年発行の第21巻から掲載を中止し、それ以来、定例委員会の研究発表の内容および委員会記を掲載しています。
 会誌の名称についても海外との交流が盛んになるとともに、第24巻(昭和56年)から「溶融塩 MOLTEN SALT」、第31巻(昭和63年)から「溶融塩 MOLTEN SALTS」としました。また、研究内容が時代とともに広範囲に及ぶようになり、多くの議論を経て、第32巻(平成元年)から「溶融塩および高温化学 MOLTEN SALTS」と名称を変更しました。さらに第47巻(平成16年)から会誌の表紙の装いも新たにして、従来のB5版からA4版にして現在に至っています。
 

執筆要綱については、こちらをご覧ください。
Instruction for Authors (English version) is HERE

会誌「溶融塩および電気化学」電子版の公開について

本委員会が発行する会誌「溶融塩および電気化学」電子版についてはかねてより公開の準備を進めて参りましたが、この度、すべての会誌のPDF化を終え、会員の皆様に公開させていただく運びとなりました。
公開URLはhttp://msc.electrochem.jp/moltensalts_index.html です。
委員向けID, パスワード申請はこちら。

これまでの会誌の情報はこちらをご覧下さい。本運用の開始に合わせて、冊子体によるバックナンバー販売は全て終了させていただきます。事務局で管理しておりますバックナンバーは次回の事務局移転までに処分いたします。処分予定の冊子体の取扱につきましては別途メールにて会員の皆様にお知らせいたします。

委員会出版物(「溶融塩および高温化学」誌、講習会テキスト、溶融塩化学討論会要旨集)の記述、図表の転載について

・著者自身による転載
商業目的での利用を除き、転載を許可します(転載許諾申請は不要です)。ただし、書誌情報(引用情報)を明記する必要があります。

・第三者による転載
商業目的での利用を除き、転載を許可します(転載許諾申請は不要です)。ただし、著作物の改変はできません。また、書誌情報(引用情報)を明記する必要があります。

・商業目的での転載
著作権使用料として,図表1点につき,5,000円(税別)を請求させて頂きます。転載許諾申請書に必要事項を記入の上、事務局まで送付願います。なお,審査結果によっては転載をお断りする場合があります。転載が許可された著作物の改変はできません。また、書誌情報(引用情報)を明記する必要があります。
転載許諾申請書フォーマットはこちら

問い合わせ・申請先
〒563-8577 大阪府池田市緑丘1丁目8-31
国立研究開発法人産業技術総合研究所関西センター
電池技術研究部門内 溶融塩委員会事務局
松本 一
TEL:072-751-9426, FAX:072-751-8564
E-mail: mscj_at_electrochem.jp("_at_"を"@"に変更)